amanokawa*

 ヒーリングアート

Text Size : A A A

   こんにちは!ヒーリングアーティスト くぅ 〜空〜 です。
   ここは兵庫県三田市にある、あとりえ&ヒーリングサロンamanokawa。
   どうぞたのしんでみていってくださいな。

  

| Top | おしごと | Gallery| minne |   わたし  | LINK |
Img_58c6bd1294e43780d3a08e65f563c6a1
moss ocean houseのデッキから



三日間効果と言って、自然の中に三日いると、

感じなかった匂いや物音に気づくようになる、

らしいです。

テレビでも三日間効果として創造力がアップ

する、と言ってました。



それと昨日の五右衛門風呂が、わたしの浄化

に火をつけてくれました。



外はは大雨。

川が大量の雨水を流れるように、私の身体の

中を大量の屋久島のお水が流れていきます。



とにかく喉が渇き、おトイレの回数も増える!

お水が美味しいから、入る入る(笑)そして出る。

夜中も30分から1時間おきに起きてトイレへ。

ね、寝られない。全く寝られない!



見えない存在も、夜中は怖さを増す。

怖すぎる。だからひたすら無視、無視。

話しかけるな!絶対出てくるな!!

話を聞く余裕なんて今はないのっ( ; ; )



朝が早く来ますようにー!と祈るばかり。



ここできちんと対峙できたら、私は成長した

だろうに。まだまだ度胸と覚悟が足りてない。



翌朝、午前中はボーッとのんびり何もせず。

お昼過ぎから居ても立っても居られずに雨の中

森へ。まぁ泊まってるコテージも、完全に森の

中なのですが…夜の怖さからの気分転換。




そしてそして。

お楽しみの夜ごはんは、ほとんど食べれず。

うそー!また怖い夜がやってくるよ〜(汗)

相変わらずお水飲んでトイレにも何回も。

30分から1時間起き。寝られない夜、再び。






屋久島は日本一、雨の降る島。

日本一の雨が島の川を雨の度に大掃除をして

よどみない美しい環境に保ってくれている、

のだそう。

結果私の身体の中にも大雨が降って、おかげで

流れが良くなった感じがする。


屋久島で、ずっと泣いていた人もいるらしい

とは聴いていたけれど。様々な浄化が起る場

なのだと、感じました。



私は屋久島のエネルギーに、なんとかなんとか

身体が慣れるまで5日もかかってしまった。

それはもう独特のエネルギー。

光も強いけど、陰も一層強い場所。




寝られなくなって、食べられなくなって。



空港まで友達が迎えにきてくれて、無事に帰宅。

帰ってから丸二日、こんなに寝れますかー⁇と

いうくらい寝ました。本当に何という浄化。



そうそう、宿では同じくひとり旅の女性と一緒

になりました。宿では1日ご一緒しただけですが

私と同じ霊媒体質の方でした。すごい偶然!


観え方も得意分野も、人それぞれなので興味深

かったです。

「くぅさんは、宇宙系も入ってるけど八百万系

も入ってる」と。龍系なので納得^ ^

地球に感謝すること、グラウディングの大切さも

話してくれました。

なるほど面白いなぁって素直に嬉しかったです。




…まぁ、とにかく長かった5日間でした。

帰りの飛行機も、飛ばないかも?と言われた

けれど無事飛んでくれました。ありがとう。



猫たちとお留守番してくれた主人にありがとう!

空港まで送迎してくれたとみぃ、ありがとう!

ラインで応援、たたかちゃん、ありがとう!

屋久島で出逢ってくださった方々ありがとう!



そして屋久島、ありがとう、もう逃げない。

でも屋久島。本気で嫌いになりそうでした。

ごめんなさい(^^;;思い出深い旅をありがとう。

もっと強くなって、冒険に行くよ。






Img_a5a655d980b404786668f2c5eea1d4f7
ただいま、おかえりわたし。
Img_8bad0f5c399daa7269963afeb6f0e40f


雨、雨、雨…ずーっと雨。

楽しみにしていたトレッキングツアーも中止になって

ます。私が何をしたというんじゃー!と悪態つきたく

なるほど…しかし、ここは1か月に35日雨降る島。


晴れ女だと思ってたけど自信なくすー。




たくさんの観光客は一体何処にいるんだろう?

と、ずっと謎でしたが、どっさりトレッキングツアー

の入り口にいました。


わたしがお願いしたエコツアーの方は延期出来るなら、

延期した方がいい、と言ったほどザーザー雨降る中でも

多くのお客様が森へと消えていきました。



そこまでして行く気になれず、島一周のドライブへ。



屋久島は、島の場所が違えば全くお天気も違ってて、

久しぶりにおひさまを拝めるところもありました。

お猿さんも、鹿さんもよそ者のわたしを無視して

のんびり道の真ん中でくつろいでました。



お宿では、こういう時は身体が冷えているから火の力を

借りましょう!と五右衛門風呂を焚いてくれました。

初、五右衛門風呂。入るときに少々注意が必要ですが、

海を前にして気持ち良かったです!



宿のオーナーさんのお話では…

屋久島は不思議な島で、人によっては行こうと思っても

何かしらの理由でたどり着くことができない島らしい。


そしておきまりの観光地には行けず、思い通りに予定が

進まない人は、屋久島に好かれているそう。

屋久島がまたおいでと言ってくれてるよ。って。


が。


わたしは、屋久島から顔洗ってもう一度出直して来い!と

ピシャリと言われた気分です。

きびしきお叱り、ありがとうございます。(本心)


そしてこの日から、急に身体の浄化がはじまりました。





続く。



Img_affec86f1b11d8d3f8201dedbf7d6d34
浄化に火をつけてくれた五右衛門風呂!